腱鞘炎の治療が自宅でできる方法

わずか14日で慢性的な腱鞘炎を改善したプログラムを公開!
腱鞘炎で悩んでいた人たちは、
「あれだけ痛かくて動かなかったのに、次の日手首が軽くなった!」
「手術しないと治らないと思ってたのに、治ったなんて信じられない!」
と声があります。
日本の名医50人にも選ばれるまでになったその方法とは!

詳細はこちらをクリック

腱鞘炎のためのおすすめリハビリ方法



腱鞘炎にかかってしまったと思ったら、
まずは,病院へ行きますね。
そこで診断してもらうことも大事になります。

しかし,それだけでなく自分自身で行えるような
リハビリなども必要になってきます。
まずは、簡単に自分で出来るようなリハビリからスタートしてみましょう。

入浴時などの体が温まっている時や温かいタオルなどで患部を温めましょう。
それから、引っかかりのある手を力を抜いた状態にします。
そちらの手の親指を反対の手で、

ゆっくりと曲げたり伸ばしたりしてあげます。
それだけで、充分なリハビリになりますね。
その他に、硬くなってしまった関節の可動域は小さくなります。

それを元の可動域まで回復させるのを目的としたストレッチをします。
あまりにも酷い痛みだと、動きを固定するような装具をつけましょう。
動きを制限してからリハビリすることもあります。

実は、腱鞘炎の痛みを和らげるには、動かさないことが一番効果的なのですね。
しかし,仕事をしていたり、家事などをしなくてはいけないですね。
それはなかなか難しいことになります。

そこでおすすめのリハビリ方法があります。
それは、温めることと冷やすことです。
痛みがある部分は炎症を起こしています。

冷やすと痛みを和らげることが出来るのです。
もし、仕事でパソコンを使ったりする作業であれば、
サポーターなどに保冷剤を入れて固定してあげましょう。

そうすると作業をしながら冷やすことが可能になります。
あまり長時間やると冷たくて麻痺してしまうこともあります。
痛みが和らぐくらいの時間だけ冷やしてあげると
良いでしょう(約15〜20分程度)。

逆に、温めるのは仕事を始める前に行いましょう。
硬くなってしまっている腱やその周囲の筋肉を柔らかくすることができます。
そうすると痛みを感じにくくなると思います。

腱鞘炎を改善するプログラムがあります。
   >>詳細はこちらをクリック



鍼灸は腱鞘炎の治療に有効なのでしょうか?

鍼灸は腱鞘炎の治療に有効なのでしょうか?
基本的に鍼を刺したり、
灸をすえたりして痛みを和らげてくれるが所鍼灸院ですね。

鍼の場合は、針を刺して刺激を患部に与えます。
それにより血液の流れを良くすることで痛みが和らぐといわれています。

腱鞘炎の治療を鍼灸院で行う場合、
炎症の起こっている部分の治療だけではありません。

炎症を起こしている腱の延長上にある筋肉などにも刺激を与えていき,
それにより治療を行っていきます。

鍼灸治療を行った時,腱鞘炎が初期段階ならば、
すぐ効果があらわれます。
痛みもすぐに軽減するケースが多いようです。

しかし、慢性的な腱鞘炎で痛みが出てから
時間が経っていると難しくなります。

長期的に鍼灸治療を続けていかないと、
なかなか効果があらわれてこないようです。
それに、鍼灸治療を行っているからと言って安心は出来ません。

腱鞘炎は安静にして痛みのある部分を動かさないことが大事です。
初期段階のうちに鍼灸治療を行って痛みが無くなったので、
同じような生活を送ってしまいがちになります。

そうすると再び痛みが再発してしまうことも多いです。
自宅で簡単にお灸をしたり、
痛みのある部分の周囲の筋肉を温めてあげましょう。

そして軽くマッサージして筋肉をほぐしてあげたりします。
腱鞘炎に鍼灸の効果はあるのかは、
治療を行った方の症状などによって意見はまちまちです。

鍼灸院によっては、腱鞘炎の治療の得意・不得意があるようです。
やはり評判の良い鍼灸院へ足を運ばれるのがベストな選択だと思います。
>>詳細はこちらをクリック

腱鞘炎の予防法は何があるでしょうか?


腱鞘炎で苦しむ人が多くなりましたね。
手首や腕をよく使う人なら誰でもなる可能性のある疾患が腱鞘炎です。
腱鞘炎の予防法は何があるでしょうか?

腱鞘炎とは、簡単に言うと手首などの炎症のことです。
その炎症がが原因で痛みなどを伴うのですね。
腱鞘炎がひどくなってくるキツイですよ。

ペンや箸を持つのも辛くなると言われています。
腱鞘炎の予防としては、まずは手首や腕を使う前に、
手首を回したりストレッチをすることです。

念入りに準備運動をすることですね。
そうすれば、腱鞘炎をある程度回避することができます。
また準備運動と同じく、手首を使う前に暖めることもポイントです。

それが腱鞘炎の予防になると言われています。
そして手首を使った後、痛みやほてりを感じたらすぐに冷やすのもいいでしょう。
腱鞘炎は手首や手の炎症です。

患部を冷やすことは効果のある予防方法です。
また痛みを感じた場合は患部を固定して安静に保ちましょう。
違和感を感じた場合の予防も有効ですね。

腱鞘炎にならないための一番の予防方法は健康体でいることです。
日頃から体を動かすことを意識しておきましょう。
基礎体力をあげることで血行が良くなります。

その結果として腱鞘炎だけでなくさまざまな疾患の予防にも繋がります。

【福辻式】腱鞘炎改善プログラム